残便感の問題を改善~腸内スッキリデトックス~

ストレスによる問題

排便してもまだ便が残っているときには残便感を感じることがあります。特に便秘で悩んでいる方には多い問題で、腸内に便が溜まっているとガスが発生しやすくなり、またお腹の張りで腹痛になることもあります。残便感があっても便を出す事ができない時は腸内環境が悪いか、他の病気の症状であることも考えられます。残便感で悩む人の中には過敏性腸症候群の方も多いとされており、これは主にストレスのせいで自律神経のバランスが崩れてしまうことが考えられています。過敏性腸症候群の症状には下痢型や便秘型などがありますが、何らかの原因で腸内に刺激を与えてしまうことからお腹の痛みなどが発生しやすくトイレの回数も増えてしまいます。ですが実際に病院で検査をしても異常なしであることから、精神的なものが大きく関係しているとされています。自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、これらの神経は一方が優位になるとバランスが悪くなるので、腸内環境の悪化を引き起こしてしまいます。

ストレスが原因で残便感が発生している時は、そのストレスの原因となるものを取り除く必要があります。仕事や家庭などすぐに環境改善をすることができない時は、一日のうちの少しだけでも良いので休息時間を設けるようにすることが大切です。人間は自然にストレスを抱えてしまうことも多いので、忙しくて精神的に休めない時であっても少しの時間を作って心身ともに休憩を挟むことで体質改善に繋がります。